クルポン

free

クルポンは、フルカラーでデザインできるQRを無料でダウンロードできるフリー素材サイトです。

QR-PON is a free material site that can download QR that can be designed in full color for free.

  • facebook
  • twitter
  • pinterest
  • instagram

『クルポン』には、様々なシュチュエーションでQRコードを活用できる、いろいろなデザインのフルカラーQRコードを用意いたしました。あなたのアイデア次第でビジネスを便利にできるコードです。ぜひご活用ください。

バーコードとQRコードの違い

レジでの清算や在庫・納品管理においてよく用いられるバーコードは太さの違うランダムに並んだバーから、専用機器で0~9までの数字を読み取ることによって処理します。
しかし、バーコードに入れられる情報は20文字未満と少なく、商品名、金額、数量といった必要最小限の情報しか伝えることができません。

これにくらべ、QRコードは最大 7,089字(数字のみの場合)の文字を読み込むことができ、読み込める情報量の多さはバーコードを大きく上回ります。また、コード自体をフルカラーでデザインすることができ視認性がよく、印刷物に載せるのに適しています。

QRコードの今後

非常に広範囲な内容をカバーしているQRコードは、キャンペーンサイトへの誘導、倉庫での在庫管理、医療、QRキーを用いたロッカーをはじめとする街のインフラ、あらゆるものにQRコードが使われ、 近年ではQRコードとスマホによる電子決済にも用いられはじめています。

電子決済にQRコードを使う有利な点は、利用者にとっては、電子マネーと違って スマートフォンの機種に制限がないこと。カメラさえついていれば利用が可能です。
また、電子マネーの場合は、電子決済の導入に専用の装置が必要となりますが、QRコードを使った電子決済はスマホやタブレットなどがあればよく、専用の装置が必要としないため、導入の際にかかる初期費用を抑えられます。

近年では上記のような手軽さから、QRコードによるスマホによる決済が広がりを見せていますが、普及に伴って問題も表面化しています。

QR決済の導入に積極的な中国では、支払い用のQRコードを別のものと改ざんし、売上金をだまし取る詐欺事件が多くおこっており、こうした問題が相次げば、これからのQR決済の普及の妨げにもなりかねません。